はな音楽教室ブログ

小学生リトミッククラスの様子です|2018/02/18

今日は。神戸市東灘区はな音楽教室です。日差しは本当に明るく、春を思わせてくれますね。

気温はまだまだあがりませんが、皆様、体調管理に気を付けて、お過ごしくださいませ。

 

きょうは、小学生リトミッククラスの様子です。今の子ども達にとって、学校での学習だけでは足りていない

と、私が感じることをレッスン内容に取り入れます。写真の様子は、クラシック曲を聴いてどんな楽器が

鳴っているのか、音を聴き分けています。

クラシック曲は、選曲を慎重にします。楽器が重なり合って聴こえるのがクラシックですが、その中でも

個々の楽器の音色がはっきりと聴こえてくるもの、重なった楽器の音色がわかりやすいもの、そんな曲を

選んでいます。もちろん、曲の長さ、子ども達が何かを想像できる、楽しい!!そういう曲を選びます。

 

楽器のカードが並べてありますね。曲が流れてくると、どの楽器が演奏されているか、順番に並べることに

しています。写真を撮った日は二回目の音楽鑑賞、一回目には、聴こえてくる音と楽器の一致は難しかった

ですが、二回目のレッスンでは、よく聴き分けが出来ていました。

 

こういう耳の力は、10歳くらいまでしか身に付かないと言われています。特に4歳から7歳ごろまでに、

たくさんのいい音を聴くことが、大切です。美しい伴奏のもとで歌を歌うことも、この時期には本当に

大切なのですよ。

 

クラシック曲に限らず、いろいろなジャンルの曲を、子ども達に聴かせてあげたいと思っています。

 

リトミックのページはこちら

保育士、初めての生活発表会!!|2018/02/13

今日は。神戸市東灘区はな音楽教室です。

立春を過ぎても、なかなか温かくなりませんね。インフルエンザも流行っています。

みなさん。気を付けてお過ごしくださいませ。

 

幼稚園、保育園での生活発表会がそろそろ本番を迎えます。私は、園の先生が生活発表会で

演奏するピアノ指導に追われていました。

一番乗りで本番を終えた生徒から、メッセージを預かりました。読んでくださいね。

 

先日、初めての生活発表会を終えました。

ピアノに苦手意識があり、200人近くの人の前で弾くことに、不安がありました。

夏ごろから、準備のために数々の楽譜を教室に持ち込み、先生に手を加えて頂いたり、場面に合わない場合は

一から考えて頂いたりしながら、毎日出勤前後の朝晩、園での休憩時間と練習を重ねました。

 

それでも、子どもの様子にあわせてピアノ演奏に強弱をつけて、臨機応変に弾くことには難しさを

感じていました。そんな時は、教室の先生に相談し、保育の現場を意識しながらのアドバイスをしてもらい

ながら、レッスンを進めてもらいました。

 

先生が熱心にレッスンしてくださったこと、毎日練習を重ねたことが自信になり、無事本番を終え、

多くの方から「よかったよ」と言っていただけました。

 

大変でしたが、ピアノを弾く楽しさを感じることが出来たので、これからも精一杯頑張っていきます。

先生、これからもご指導、よろしくお願い致します!!

 

彼女は、国家試験を合格して保育士になりました。ピアノは本当に出来上がるまで時間がかかりました。

しかし持ち前のバイタリティー、朝5時前に起きて練習してから出勤、帰って来ても練習、常に腕は

パンパン・・・

 

直前には、保育園で上演するそのままを、通して練習しました。セリフの部分も、活舌が悪く聞き取りにくい

ところなどをチェックして、しゃべり方も変えていきました。何よりも、たくさんの保護者の前で、

「あの先生、ピアノが上手だったね」と言われる存在になってほしいと、どの生徒に対しても思っています。

重箱の隅をつつくような細かいことも、時には指導しますが、それも園の先生として、力を付けてほしいから

です。

 

メッセージの最後に、「ピアノを弾く楽しさを感じることができた」と書いてくれていました。

私が一番願うことは、この言葉に集約されています。

 

幼稚園、保育園の先生方、日々の業務は本当に大変だと思いますが、音楽性豊かな先生となって、

子ども達にも練習を重ねたその先にある、本当に心の底から湧き上がる「やってよかった!!」という

気持ちを感じさせてあげてください。そのためには、まず先生であるあなたが経験してみられることが

一番大切だと思います。

 

幼稚園、保育園の先生のピアノコースはこちら

 

エレクトーン、クラスコンサートに参加|2018/01/14

こんにちは、神戸市東灘区はな音楽教室です。

 

1月7日、ヤマハなんばセンターで行われました、おぎたひろゆき先生と島田聖子先生を

師事する、エレクトーン生徒のクラスコンサートが行われ、出演させていただきました。

演奏させていただいた曲は、私が作曲した「マデロンの光」という曲です。

 

おぎた先生に初めてお世話になったのは、多分15年くらい前、コンピューターミュージックの

ジャンルを教わりました。midi音源を作るなどです。全然わからなかったですが、今では何とか

やりたいことはできるようになりました。

 

楽譜作成のソフトも、おぎた先生に教えていただきました。そして、自分の教室の発表会での

アイデアや、エレクトーンでの音色作りを助けて頂いています。

 

島田先生は、私にはちょっと難しいかなと思う、テンポの速いノリノリのジャズを

お得意となさる、長身で髪の長い、かっこいい先生です。

 

当日は、なんばセンターのスタッフの皆さんにも、本当によくご配慮いただき、不安や心配という

気持ちにならずに、本番を迎えることができました。

 

いつも、自分の教室の発表会をするときは、全部のことに気配りしていなければいけない緊張感に

プラスして、自分も演奏する・・・本当に重労働です(と自分で言うのも・・・)

 

今回は、いろんな取り組み方で、お二人の先生に習っている生徒さんが集い、それぞれの個性を

思う存分発揮した、楽しいクラスコンサートでした。最後に先生方の演奏も存分に楽しむことが

できました。久しぶりに演奏するということに対する、いつもと違った緊張感と、「やれたぜ!!」

という感じの充実感を味わうことができました。

 

おぎたせんせい、島田先生、そしてなんばセンターのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

エレクトーン個人レッスンコースのページはこちら

幼稚園入園前のリトミック|2018/01/14

こんにちは、新学期が始まり一週間、ようやく生活のリズムが戻ってきたところでしょうか?

寒い冬となっていますね、風邪をひかないように、気を付けましょうね。

 

 

去年の12月から、この春、年少さんに入園する子どもさんに、3月末までのメニューで

リトミックレッスンをしています。きちんと頭を下げて挨拶をする、よくお話を聞く、

年齢にあった知育メニューを集中して取り組む、そして音楽を楽しむ。

 

12月は「おおきなたいこ」、「ジングルベル」、今月は「ゆき」と「たき火」に合わせて、歌ったり

楽器を使ってリズム打ちをしています。先週からピッタリとリズムが合ってきました。

 

また、「うさぎ」「きりん」「ゴリラ」などの動物になりきって、音楽に合わせて動くということも

たくさん取り入れています。

 

マンションにお住いの方が、多いですね。階段を上ることが少なくないですか?

大人だけではなく、子どもも足が上がらない、からだをまっすぐにキープできない、そんなことが

起こっています。

 

そのために、筋肉を鍛えることも取り入れられたリズム運動を、取り入れています。

写真をアップしたいのですが、私も一緒に動き、演奏してと、小さい生徒さんのレッスンほど手を

離せないので、お伝えすることができません。残念です・・・

 

まだ、入園まで時間があります。少しでも幼稚園の先生のお話をきちんと聞けるように、

挨拶がしっかりできるように、しっかりと座って集中する訓練を積み重ねていきます。

是非、体験レッスンにお越し下さい。お待ちしています。

 

リトミック+知育コースのページはこちら

 

小学生のリトミッククラス|2018/01/14

こんにちは、神戸市東灘区はな音楽教室です。本当に寒い一週間でしたね。

体調を崩していらっしゃらないでしょうか?皆様、充分からだを休めてくださいね。

 

11月にだいたいの小学校で音楽会が開かれます。そのために鍵盤ハーモニカ、リコーダー

だけのレッスンに来てくださった生徒さんが、音楽って楽しい!!引き続きレッスンを受けたい

という気持ちになって下さり、12月から小学生のリトミッククラスを始めています。

男の子が二人です。二人とも一年生。この日は、スコットジョップリン作曲エンタティナー、アメリカ映画

の代表作「スティング」のテーマソングですね、これを題材にリズムにのる、ビートを感じる、などの

リトミックをしました。

 

写真は、決めた拍を数えて動く子、止まる子と交互になるように約束事を決め、曲に合わせて動いています。

幼稚園児と違って、一度にいくつものことが頭に入るので、少し練習すればすぐにコツをつかんで動けるように

なります。

 

本来ならば、入学までに身に付けられること、学校で身に付けてほしいこと、どちらもあるのですが、

足らずを補いつつ、教室で新たに音楽的センス、知識を身に付けてほしいと思っています。

 

このコースは月に2回です。月曜日17時30分から約一時間です。学校の音楽が苦手でも、大丈夫!!

子ども達にとって、音楽は楽しい物であってほしいです。そうなるように、レッスンを組み立てています。

徐々に、中学校での音楽筆記テストで困らないための内容も、取り入れる予定をしています。

 

やってみたいなと思われる方、新しい年も始まりました、一緒に楽しくリトミックをしましょうね!!

 

小学生のリトミックコースについてはこちら

幼稚園、保育園、卒園式の為の単発ピアノレッスン|2018/01/14

こんにちは、神戸市東灘区はな音楽教室です。

 

新学期が始まりましたね。幼稚園の先生をしている教室の生徒さんは、6日の土曜日に

みんな、レッスンに来ました。生活発表会や卒園式のピアノの練習のためです。

 

生活発表会のピアノ曲を、私も一緒にどんなお話で、子どもはどんな動きで、どれくらいの

長さ(尺と言っていますが)がいるのか、そんなことを話しながら、出し物にあった曲を

作ったり、すでにある楽譜の長さを、短くしたり長くしたり・・・

 

リトミックレッスンの中での大事な要素を、少しでも教室に来ていない幼稚園の子ども達に

経験してほしいと思って、なるべく劇中の曲にアイデアを出しています。

 

生活発表会はほとんどの園で2月中ですね。卒園式は3月、園の先生方は一番忙しくて、大変な

時ではないでしょうか?その上に、ピアノを弾かなければならない・・・はやく曲を決めて

動かないと、間に合いません。

 

保護者の方が見に来られますね。運動会に並ぶビッグイベントです。ピアノは外せません。

でも、演奏に自信がないので後回し・・・結局、子ども達も十分な練習ができないまま、当日を迎えて

しまう、そんな声を今までに何人もの生徒さんから聞いています。

 

卒園していく子ども達にとって、素敵な卒園式にしてあげてくださいね。

そのためには、一人で悩まずに教室に来てみてください。できるだけいい演奏ができるように

お手伝いしたいと、思っています。

 

幼稚園の先生、保育園の先生、本当に大変なお仕事です。やることが山積みですね。でも、

子どもにとって、人生で最も大切な時期を預かっているのが、幼稚園、保育園です。

頑張ってください。そのために力になれることを、一緒に考えていきたいと思っています。

 

幼稚園教諭の為のピアノコースについてはこちら

新年初、子ども達の手作り会|2018/01/14

こんにちは、神戸市東灘区はな音楽教室です。

 

今年は、新学期が始まるまでお休みが長かったので、新年にふさわしい物を作りました。

折り紙を中心にしましたが、縫物も取り入れました。

本当に楽しい楽しいと言いながら、笑ってばかり!!少々のことも、笑って過ごす!?笑う門には福来るですね。

新年早々、大笑いしながらのひと時となりました。

戌年にちなみ、犬を、獅子舞の縫いさし、寒椿を折り紙で作りました。作ったものをつるして飾れるように、

輪を用意して、その中に作品がおさまるように、工夫しました。

 

自分の作ったものを、お家に飾ってもらう、お正月が終わったら、次は何を作ろうか?

日本ならではの季節感を、子ども達に感じてほしいと思い、毎月のメニューを考えます。

 

今の子ども達は、5年前の子どもと比べても、手先が器用ではありません。力が抜けません。

だけど、指先の力がありません。硬いです、だから折り紙一つ、上手にできません。

「ピシッと折るよ!!フワフワ、ぼにょぼにょはだめだよ」と言いながら・・・

 

幼稚園の先生方もおっしゃいます、子ども達の作品の出来があまりよくないと。私が感じている

手先の不器用さが、園での製作作品にも出ているようです。

 

勉強ができたらいい!!そう思っていらっしゃるかもしれないですね。それだけでもないのです。

折り紙の折り方一つ、お手本を見てその通りに折る、次を予測する、いろいろなことが脳の中で

起こっていて、そうしたことが学習に結びつくのです。

 

音楽教室なのに、手作り会・・・と思われるでしょう。手先の器用さを育てなければ、鍵盤楽器を

演奏できる手にはならないので、こうした取り組みを行っています。

 

最後に、2日間連続で教室に来ると言って、好きな物を作った一年生の作品をご覧ください。

やりたいことを全部詰め込んだ、渾身の作品です。帽子を持ったペンギンは、ビーズで

作り、あとの物は折り紙や切り絵です。とても想像力豊かな子どもです。いつもにこやかな幸せな

表情を見せてくれます。

リトミック+知育コースについてはこちら

 

 

明けましておめでとうございます!|2018/01/04

新年あけまして おめでとうございます。神戸市東灘区はな音楽教室です。

皆さんは、どんなお正月でしたか?きっと、家族が集まり楽しいひと時だったと思います。

また、気持ちを新たに、今年も元気に過ごしたいですね。

 

私は、7日にエレクトーン演奏をするチャンスを頂いていて、そんなに浮かれてはいられず、

自分でブレーキを掛けながらのお正月でした。今、本番を控えドキドキです。

家で育てているデンマークカルタスです。15年くらい前に、大人の生徒さんが育てていたものから

長さ5センチ位の節を5、6枚頂いて育てていました。今年は本当に見事に花をつけて、満開です。

 

この花が咲いた時に、思いました。節を分けて下さった生徒さんのこと、ここまで育った長い時間、

今、来てくれている生徒さんのこと・・・

 

「育てる」ということは、やはり時間と根気、こちらの絶えることのないエネルギーが必要なんだと

いうことを、この花が咲いた時に実感しました。

 

子育てに迷いや、悩みを持たない親はないと思います。私が紹介する子育ての本や、知恵、助言を

素直に受け入れて、お家でも実行してくれる親御さんが、はな音楽教室には多くて、一緒に子どもの

ことを考えています。

 

また、今年もひとつ、お誕生日を迎えて大きくなる子ども達。賢さと優しさ、そして勇気を持った

子どもに、健やかに成長してほしいと、この花を見て、改めて思ったお正月でした。

 

リトミック+知育コースのページはこちら

手作り会の様子、お正月の準備です|2017/12/24

今晩は、神戸市東灘区はな音楽教室です。

いよいよ今年も、残りわずかになりましたね。先週、お正月の準備、祝箸やランチマットを

作りました。

この写真は、祝箸の袋を作っています。折り紙の本を見ながら、本に書いてある

向きと、自分が折っているものの向きが少し違うだけで、次の手順がわからなくなり、就学前の

子ども達、とくに女の子にとっては、難しかったようです。

 

でも、家族の人数分作って帰りたい!!という思いがそうさせるのでしょう、どんどん流れ良く

手を動かすことが出来る様になっていました。小学生の女の子は、慣れた手つき、堂々としていますね。

彼女は、本当によくこの手作り会に来てくれます。「次はいつですか?何をつくるの?」

手を動かすこと、ものを作ることが大好きです。

 

この写真は、ランチマットを作っています。右端の女の子以外は、就学前の子ども達です。

男の子も本当にがんばりました。交互に赤と白が出る様にしていくのですが、「出来た」と言って、早々持ってく

るものの、どこかで間違っている、はじめは直したくない、面倒くさいといっていましたが、「本当にいいの?ボ

ンドでつけてしまうよ」

というと「やっぱり、やり直す!!」と言って、間違いを自分で発見、訂正したい、きちんと作りたい

という気持ちになってくれました。

 

こういう気持ちの動きは、きっと学習する姿勢に結びつきます。きれいに!きちんと!ということを

私は常に言います。リトミックのときに使う道具やテキストも、きちんと置くように言います。

大事に使う様に言います。それが癖になれば、ランドセルやカバンをバサッツとひっくり返して、中の物を

出すということはしないでしょう。

 

自分の体の向きに対して、本やノートをきちんとした角度で置かなければ、気持ちが悪いものだということを、

就学までに身に着けてほしいと思っています。

 

お母さん方が、本当によく協力して下さり、助かります。いつも、ありがたく思っています。

子どもがたくさん来てくれても、何とか皆が満足して思った数だけ、作りたいものを作ることが出来、

いいお正月を迎えることができそうです。

 

リトミック+知育コースのページはこちら

 

jetエレクトーンサウンドカーニバルに参加!|2017/12/24

今晩は、神戸市東灘区はな音楽教室です。

雨のクリスマスになりましたね。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

 

先週の日曜日に行われましたjetサウンドカーニバルという、生徒がエレクトーンでのアレンジを

披露するコンサートがあり、教室から三人の生徒が出演しました。

私は、出演者誘導の係をしていたので、生徒が演奏しているところを写真に写すことが、

出来ませんでした。楽しそうな生徒さんの様子をお伝えできなくて、残念です。

 

このコンサートで、どんなことを披露するかというと、エレクトーンのテキストの中から好きな曲を

一曲、自分なりに音色を工夫したり、テキスト通りから少し遊び心を加えて、アレンジしてまとめる、

そんなことを生徒さんの個性、アイデア満載で披露していきます。

 

ここに、参加した教室の生徒の感想をお届けします。

 

~小学2年生、エレクトーン歴1年~

緊張しました。みんなは、あまり緊張していないように見えました。

弾いているときに、みんながこの曲を知っているのか、気になりました。

 

わたしは「ペンギンダンサー」という曲を選んでいました。ペンギンが好きなので、この曲は

練習もとても楽しかったです。心に残った曲に私の曲がかかれていたら、うれしいなと思いました。

 

~成人女性、エレクトーン歴6か月、ピアノ歴あり~

エレクトーンをはじめ、ピアノとはちがう魅力を感じ、ひとつの曲からアレンジがこんなにもできることに、

驚きました。

 

頭が柔軟な子どもたちの演奏は、様々なアレンジで素敵でした。

大人になると、人前で弾くこともなくなりましたが、よい緊張が味わえました。

楽しく弾けました。次に向け、また曲選びから楽しみたいです!

 

このサウンドカーニバルは、アレンジ部門、作曲部門、一人で演奏するだけでなく、歌や踊りとともに

アンサンブルなどの部門があります。それぞれ生徒さんが、自分のやりたいことを披露できるような

イベントになっています。

 

エレクトーンは、本当に可能性が多い、楽しい楽器です。上手な演奏家の演奏を聴くだけでなく、

是非、ご自身で楽器にさわって体験していただきたいです!!

 

エレクトーン個人レッスンのページはこちら

1 2 3 4 5 21

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る