小学生リトミッククラスの様子です|2018/02/18

今日は。神戸市東灘区はな音楽教室です。日差しは本当に明るく、春を思わせてくれますね。

気温はまだまだあがりませんが、皆様、体調管理に気を付けて、お過ごしくださいませ。

 

きょうは、小学生リトミッククラスの様子です。今の子ども達にとって、学校での学習だけでは足りていない

と、私が感じることをレッスン内容に取り入れます。写真の様子は、クラシック曲を聴いてどんな楽器が

鳴っているのか、音を聴き分けています。

クラシック曲は、選曲を慎重にします。楽器が重なり合って聴こえるのがクラシックですが、その中でも

個々の楽器の音色がはっきりと聴こえてくるもの、重なった楽器の音色がわかりやすいもの、そんな曲を

選んでいます。もちろん、曲の長さ、子ども達が何かを想像できる、楽しい!!そういう曲を選びます。

 

楽器のカードが並べてありますね。曲が流れてくると、どの楽器が演奏されているか、順番に並べることに

しています。写真を撮った日は二回目の音楽鑑賞、一回目には、聴こえてくる音と楽器の一致は難しかった

ですが、二回目のレッスンでは、よく聴き分けが出来ていました。

 

こういう耳の力は、10歳くらいまでしか身に付かないと言われています。特に4歳から7歳ごろまでに、

たくさんのいい音を聴くことが、大切です。美しい伴奏のもとで歌を歌うことも、この時期には本当に

大切なのですよ。

 

クラシック曲に限らず、いろいろなジャンルの曲を、子ども達に聴かせてあげたいと思っています。

 

リトミックのページはこちら

保育士、初めての生活発表会!!|2018/02/13

今日は。神戸市東灘区はな音楽教室です。

立春を過ぎても、なかなか温かくなりませんね。インフルエンザも流行っています。

みなさん。気を付けてお過ごしくださいませ。

 

幼稚園、保育園での生活発表会がそろそろ本番を迎えます。私は、園の先生が生活発表会で

演奏するピアノ指導に追われていました。

一番乗りで本番を終えた生徒から、メッセージを預かりました。読んでくださいね。

 

先日、初めての生活発表会を終えました。

ピアノに苦手意識があり、200人近くの人の前で弾くことに、不安がありました。

夏ごろから、準備のために数々の楽譜を教室に持ち込み、先生に手を加えて頂いたり、場面に合わない場合は

一から考えて頂いたりしながら、毎日出勤前後の朝晩、園での休憩時間と練習を重ねました。

 

それでも、子どもの様子にあわせてピアノ演奏に強弱をつけて、臨機応変に弾くことには難しさを

感じていました。そんな時は、教室の先生に相談し、保育の現場を意識しながらのアドバイスをしてもらい

ながら、レッスンを進めてもらいました。

 

先生が熱心にレッスンしてくださったこと、毎日練習を重ねたことが自信になり、無事本番を終え、

多くの方から「よかったよ」と言っていただけました。

 

大変でしたが、ピアノを弾く楽しさを感じることが出来たので、これからも精一杯頑張っていきます。

先生、これからもご指導、よろしくお願い致します!!

 

彼女は、国家試験を合格して保育士になりました。ピアノは本当に出来上がるまで時間がかかりました。

しかし持ち前のバイタリティー、朝5時前に起きて練習してから出勤、帰って来ても練習、常に腕は

パンパン・・・

 

直前には、保育園で上演するそのままを、通して練習しました。セリフの部分も、活舌が悪く聞き取りにくい

ところなどをチェックして、しゃべり方も変えていきました。何よりも、たくさんの保護者の前で、

「あの先生、ピアノが上手だったね」と言われる存在になってほしいと、どの生徒に対しても思っています。

重箱の隅をつつくような細かいことも、時には指導しますが、それも園の先生として、力を付けてほしいから

です。

 

メッセージの最後に、「ピアノを弾く楽しさを感じることができた」と書いてくれていました。

私が一番願うことは、この言葉に集約されています。

 

幼稚園、保育園の先生方、日々の業務は本当に大変だと思いますが、音楽性豊かな先生となって、

子ども達にも練習を重ねたその先にある、本当に心の底から湧き上がる「やってよかった!!」という

気持ちを感じさせてあげてください。そのためには、まず先生であるあなたが経験してみられることが

一番大切だと思います。

 

幼稚園、保育園の先生のピアノコースはこちら

 

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る