個人レスンコース

コース説明

コース風景

  • 日時:入学随時 月3回 (1回40分~)
  • 入学金:5,000円
  • 月謝:7,000円~
  • 北町教室
  • 小学生

はな音楽教室では、初めて音楽の入り口に立つお子様に、音楽に親しみながら、音楽を学ぶことで優しい、心豊かなお子様に成長いただけるよう取り組んでいます。

導入期にはエレクトーンを使用し、手の大きさや強さを確かめながら、最終的にお子様のご希望に沿う形でピアノかエレクトーンを選んでいただいています。

       

※体験レッスンは有料。(1回約40分-1,000円。ご入会の方は、入学金の一部とさせていただきます。)日時は、ご相談・ご予約の上。

個人レッスンコース

    

エレクトーン個人レッスンコース

導入期のお子様には、特にキーボードやエレクトーンでレッスンなさることをおすすめします。

ピアノとエレクトーン、どちらを習わせるか? 鍵盤楽器といえばピアノだ! エレクトーンなんて知らない。そうお考えのお父様、お母様は多いと思います。初めて楽器にさわる小さなお子様の手には、ピアノを弾くことは鍵盤が重くて音が出なかったり、無理に音を出そうとして、結果、手の形や指の運び方に悪い癖が付いてしまう場合がとても多いです。一度身についた良くない手の形を直すことは、とても大変です。

「ガリバー旅行記」というお話をご存知ですね。小さなお子様にとって、ピアノの鍵盤は巨人の国の楽器を小人が弾く、そのような感じではないでしょうか? 教室では、導入期にはエレクトーンを使用し、手の大きさ、強さを観察し、エレクトーンを選ぶか、ピアノを選ぶか、ご希望に沿うようにレッスンを進めております。初めて音楽の入り口に立つお子様に、とにかくレッスンにお越しいただくことが、楽しくて待ち遠しいと思っていただけるよう、音楽を学ぶことで優しい、豊かな心を持ったお子様に育っていただけますように、そう思って指導にあたっております。(おうちでの練習には、卓上に置いて使用できるキーボードを、最も初心者の方には、おすすめしています。)ピアノ指導を全くしていない訳ではありません。

   

コンサート風景

エレクトーンってこんな楽器です!

音楽がより立体的に♪より豊かな音色に♪

音楽がより立体的に!より豊かな音色に!

ピアノとエレクトーンの根本的な違いは、タッチの重さと、ベースがあるかないかということです。ピアノより1パート多くベースが鳴ることで、音楽がより立体的になります。「足まで使う器用なことを?」と思わないで下さい。小さい時から練習すると、自転車に乗るようにできるようになります。

そしてこのベースが、音楽理論上とても大切で、欠くことのできないものです。コード進行法や簡単な作曲や即興演奏をする時に大きな役割を果たします。

エレクトーンは今、プロのクラシックの世界でも、楽器の一つとして認められ、大きな役割を果たすまでに進化しています。

全日本エレクトーン指導者協会とは? そしてとても素敵なヤマハメソッド!!

全日本エレクトーン協会指導者協会とは?ヤマハメソッド

    

私の所属する全日本エレクトーン指導者協会(jet)とは、個人宅でヤマハのテキストを使ってエレクトーンを指導することのできる講師の集団です。ヤマハ音楽教室で、グループレッスンを指導なさっていて、結婚や出産を機に自宅での指導だけに活躍の場を移されたような経験豊富な講師が、たくさんいます。

研修も、もちろんヤマハスタッフの先生方によって、行われます。

吉井妙子さんのお書きになった「音楽は心と脳を育てていた ヤマハ音楽教室の謎に迫る」という本があります。私たち講師のこと、ヤマハの目指すもの、感動して一気に読んでしまいました。そんなに深いねらいがあったのか! そこまで、子ども達は吸収してくれるのか! じゃあ、もっと一人一人に密着した指導案を考えなきゃ!!「レッスンは命がけで!!」という、現在の私たちの担当スタッフ(私たち講師を指導してくださるヤマハスタッフのことです)の口癖を、心に刻んで毎日レッスンをしています。

エレクトーン練習風景

    

ヤマハグレードのところで少しふれましたが、演奏すること以外の事も音楽として大切な要素は多く、それらを子どもの年齢にあった教育(適期教育と言っています)内容として体系付けされたのが、ヤマハの音楽教育と言ってよいでしょうか?

他のお教室に比べて、演奏する曲数が少ない、お友達はもうこんな曲を弾いているのにという声を聞きます。しかし、もっともっと先でいろんなことができる音楽力を、身につけるために、ゆっくりに見えるかもしれませんが、目に見えにくいですが、たくさんのことを学んでいただいています。

ヤマハのメソッド

私はそういうヤマハのメソッドが、とても素晴らしいと思って、指導にあたっています。是非、吉井妙子さんの本をお読みになってください。音楽をするということが、こんなに人を育てるのかと、びっくりなさるかもしれません。

   

「ヤマハ音楽能力検定(ヤマハグレード)」について

ヤマハグレードについて

ヤマハグレードは、鍵盤に初めてふれる方から指導者、演奏家まで音楽を学ぶ人すべてを対象とした「音楽能力検定制度」です。
1967年に財団法人ヤマハ音楽振興会が、音楽力の評価基準として制定したもので、長い歴史があります。客観的な評価のため、レッスンの成果を確認できるとともに、大きな自信や次の目標にもつながります。
グレードは大別して、鍵盤初期学習者のための13~11級、学習者のための10~6級、指導者を目指すための5~3級、より高い演奏力を目指すための2~1級にわかれています。

テキストは、一冊を修了する時に受験するグレードが決まっていて、テキストと受験級がタイアップした仕組みがあります。
仮に、タイアップしたテキストを使わないレッスンをされても、グレードは受験できます。
私自身、13~6級の学習者のためのグレードの試験官をしていますので、ものさしはよくわかっています。

ヤマハグレードの内容について

4つのポイント

4つのポイントがあります。「弾く力」・「楽譜を読む力」・メロディーに伴奏がつけられたり、アレンジする「つくる力」・音を聴いてわかる「きく力」、この4つです。

それぞれ、どの年齢で最ものびるか、または興味がでてくるか、段階がありますが、4つの力が総合的に身につくようなレッスン内容を準備しています。

ですから、グレード13~6級をコツコツと受験して、6級合格まで約10年、続けて音楽をしていただきたい。生徒さんをお預かりする以上、私はそこまで責任を果たしたいと常に思っています。

また、ある程度「弾く力」があって、教室にいらした生徒さんは、その「弾く力」に合ったグレードを受験することを勧めています。ですから、初めて受ける級が9級だとか、8級だという場合はたくさんあります。

グレード試験は名称こそ試験ですが、点数によって不合格とか、合格者人数が決まっているから不合格になったなどということはありません。あくまでレッスンの成果を確認する、全く知らない試験官の前で演奏する、持っている力を出せる人間になる、そのことが生徒さんのこれからの人生に、とてもプラスになると信じています。

これまで、グレード受験で不合格の生徒はありません。どんどん受験して自信をつけていただきたいと思います。

   

生徒さんからのメッセージ

灘区 20代女性 エレクトーン生徒さんより

ひどい緊張もなく、楽しんで弾けました。
金賞嬉しいです。ありがとうございます。
まだまだ続けられること、新しい事に挑戦できる気持ちが湧きましたので、長くつきあっていけたら
いいなと思います。

※コンサートの2週間あとに、ヤマハエレクトーンフェスティバルに出演しました。

東灘区 30代女性 Yさん

後ろに流れている動画、素敵でした。が演者よりも見入ってしまいました。無くても良いかな。と思いました。
大変皆さん輝いていらして、子ども達にさせたいと思いました。
家が近ければ・・・。

東灘区 匿名希望さん 

●オープニング恥ずかしがりながら、皆さん素敵でした。
●証城寺のリトミック、手作りでドレスも可愛かったし楽しめました。
●ありがとうの歌、緊張しつつも、とても良かったです。
●演奏の時の背景の写真とても楽しいです。
●演奏中、うたっている間中写真が流れるともっと良いような気もします。
●歌は2人でお互いの不得意なパートをおぎなえるよう歌うと、もっと良さそうです。可愛かったですね。
●出演出来なかった生徒さんの写真のご紹介良かったですね。
●今年はノリの良い選曲が多く、これまでのコンサートの中で、一番おもしろく、楽しめました。
●先生のコメント(スクリーン)泣けました~
●他の生徒さんのスクリーン写真にもコメントあるとうれしいですね。(先生から)
●皆々様お疲れまでありました~。とてもなごみました。

東灘 小学校4年生 男の子

リハーサルでは、きんちょうのあまり、と中でとつぜん、頭がまっ白になり止まってしまいました。

「あんなにれんしゅうしたのに・・・」とショックで不安になりました。

いよいよ本番、気持ちを入れかえてのぞみました。

あっと言うまに時間がすぎて、大成功でした。当日に始めてマイクをもったのでとまどいましたが、
楽しいけいけんができました。 いつかはひきながら歌えるようになりたいなぁ。

東灘区 エレクトーンコース 20代女性

レッスンまであっという間に日が経ち、練習もせずに行く事も多く、曲もなかなか完成もせずですが、焦らずゆっくり出来ることがすごく良いです。

練習もあまりしないですが、辞めてしまうと本当に弾く事自体しなくなると思うので、自分のペースで楽しく続けられているなぁと思います。

先生が細かく指導して下さるので、きれいに曲が仕上がった時はすごく嬉しいです。

東灘区 ♪エレクトーンコース 50代男性

ギターを弾いて人前で歌を披露するなんて、高校の文化祭以来40年ぶりでした。
それは昨年3月「はな音楽教室」清水先生主催の発表会の事でした。
それから1年、今度は私もエレクトーンに挑戦することになり、来年3月の発表会にはエレクトーンでの弾き語りと、ギター&歌で参加することになっています。

きっかけは、それまで全く音楽とは無縁で、むしろ空手などの武闘派と思われていた会社の同僚が、清水先生の教室でエレクトーンを始めたと聞いて、それなら一緒にコラボしようとなった事でした。

埃をかぶったギターを取出し、Eric Clapton の Over the Rainbow と The Monkeys の Day Dream Believer という、私にとっては懐かしの2曲を選んで清水先生の絶妙なアレンジのもと、同僚に清水先生も入っていただき3名でのセッションで、未熟な腕前でしたが緊張しながらも気持ちよく発表会で披露させていただきました。

一般的な音楽教室は、クラスごとに曜日と時間が決まっており、固定月謝制で共通の教科書をベースに進み、融通がきかなくなるものですが、海外での仕事が多い私にとって「はな音楽教室」は、自分のスケジュールでレッスンの曜日と時間を組んでいただき、自分のレベルと嗜好にあった曲をベースにオーダーメイドな形にして、しかもマイペースで進めていただけるので私にとっては理想的です。

清水先生のお人柄もあり、レッスンはリラックスして楽しくさせていただいていますが、本当は結構我慢されているのではないかと恐縮です(笑)。

 これからも仕事の合間にはなりますが、エレクトーンの腕前をもう少し磨き色々な曲にチャレンジし、何より仕事のことを忘れて楽しむ時間としても継続したいと思っています。

東灘区 ♪小4女の子 エレクトーンコース

〈エレクトーンコンクールに参加〉

今回は2回目の出場です。
緊張はあまりしないで、弾いていて楽しく、気持ちよく弾けました。
他の人もすごく上手で、聞くのも楽しかったです。

東灘区
♪エレクトーン演奏グレード6級受験 高校生

最初は、グレードを受けようと考えていなくて、親に言われて受けました。
編曲の課題が苦手で、したくなかったから、試験の一ヶ月前くらいまで、あまり練習してなかったです。

一ヶ月前を過ぎてから、焦りだして練習して、やっと曲の感じがつかめてきて、弾くのが楽しくなってきました。
それから毎日くらい練習して、弾けるようになるとやっぱり楽しい!!と思って、エレクトーンをする意欲がわいて、もっと上の級の曲を弾けるようになりたいな!!って思えたし、達成感もありました。

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る