小学生のエレクトーンレッスン|2017/09/30

今晩は。今日は運動会という小学校も多かったですね。いいお天気で、楽しい

一日を過ごせたのではないでしょうか?

 

教室では、リトミックを小学校に上がる前か、一年生の間に修了させて、引き続きエレクトーンなどの

鍵盤楽器を演奏するコースへと、移っていきます。主に、楽譜を読んで演奏することが多くなるの

ですが、リトミックを修了していることにあわせて、入会時から、音楽をよく聴くということに

とても重きを置いてレッスンを進めていますので、その効果があらわれている、今現在進行中の

レッスンの様子をお知らせします。

 

小学2年生の女の子。12月に開かれるエレクトーンイベントに参加するため、今、テキストの中から

気に入っている曲を練習中です。書かれてある楽譜は、だいたい演奏できるようになってきました。

 

エレクトーンの教材は、CDがついていてとても素晴らしいものです。生徒が演奏するのは、

メロディーと伴奏だけですが、CDにはイントロ、間奏、エンディング、メロディーや伴奏以外に、

重なって響き合う音がたくさん入っています。

 

彼女と、イントロの部分を耳で何回も聴いて、音を探ることを一緒にやってみました。

私は、CDデッキの前にずっといます。イントロの初めの一秒を何度も何度も繰り返して聴き、何の

音が鳴っているか、探していきます。とても地道な作業ですが、彼女にはなかなか面白いようで

「もう一回、もう一回」と言ってCDを聴いては、エレクトーンを弾き、「ちょっと違うな~」「これかな~」

なんて言いながら、まずは一小節を聴き分けました。

 

もう一人は3年生の女の子。学校で習った歌の曲を、来年の教室の発表会で自分が演奏して、教室の

みんなに歌ってもらい、大勢で楽しみたい!!と、自分で曲と構想を提案してくれました。

彼女は、リトミックをしっかりとマスターしたので、リズムだけを書いてあげると、あとは、自分で

音を探り弾きして、楽譜に書いていっています。学校で習ったままのキーでは、高い音が多くて

歌いにくいので、少しキーを下げました。私は出だしの音、ひとつだけ指示しました。後は自分でどんどん

歌いながら書いています。

 

耳で聴いて楽譜にしたり、キーを変えて(移調と言います)書き直したりという作業は、だれでも

出来るわけではありませんが、4歳から7歳くらいの間に音楽のレッスンを受けていれば、それなりに

音感がついて、正しい指導のもとでなら、こうしたことはできるようになります。

 

今、鍵盤ハーモニカ、リコーダーができなくて、教室に来ている小学生を見ていると、小さいうちに

音楽のレッスンを受ける素晴らしさがよくわかります。4歳から7歳の間に聴こえてくる音を、正しい

音程で歌えることが、小学生になったときに、楽譜に書くことができる力になります。

音楽のレッスンをうけていたからこそ、感覚的に体に入ってくるものが、大きいようです。

 

ストレスの多いこの世の中を、これから生きていかないといけない子ども達。どうか、心の癒しに、

自分を励ますきっかけに、自らが歌ったり演奏したりできる素地を、子どもが小さいうちに用意して

あげてほしいと、親御さんにはお願いしたいです。

 

エレクトーン個レッスンのページはこちら

 

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る