高校生、幼児教育を目指します。|2017/01/17

今晩は。雪の降る中、センター試験が終わりました。受験なさった皆さん、

お疲れさまでした。力は発揮できましたでしょうか?

 

教室に、高校2年生の女の子が来てくれました。高校生は久しぶりです。

そして、いろいろと考えました。

 

多くの学生さんは、2回生の終わりまで大学でのピアノの授業で、宿題として与えられる練習を

こなすことで精一杯です。

子どもの歌・・・大学でおそらく20曲にも満たないものしか演奏せずに、就職しています。

 

高校生の間にレッスンを始められたら、まず大学に入るまで、ピアノの演奏、歌、リズム、

いろいろなことができます。そして大学に入ったら、授業の課題をクリアしていく、3回生は

実習が多く、4回生はすぐに就活です。いつ、しっかりと身につけるか・・・

大学に入る前が、絶好のチャンスです。

 

幼児教育課程の大学入試にピアノ実技がある大学は、本当に少なくなりました。

でも、実際に現場でどれほど必要とされるか、教室に来ている、すでに幼稚園や保育園で

働いている生徒さんをみれば、ひしひしと伝わります。

 

一夜漬けはできません。コツコツ、コツコツ練習する、それが積み重なって力になります。

ピアノが本当に苦手な保育園の先生が、来てくれています。去年の夏ごろに園から、

3月の生活発表会でのピアノを任されました。ずっと、できるだろうか、弾けるだろうか、

不安と闘っていました。

 

やっと、ペダルもふんで、止まらずに演奏することが出来てきました。

仕事は早番、遅番とあります。こんなに寒くなると、大変だろうと思います。

どれくらい練習しているか、聞いてみました。「毎日、せめて一回でも」との答え。

 

どうですか?この生徒さんは、いやだいやだと言いながらピアノに向かっていました。

どうせ、弾けないよ・・・そんなことばかり言っていました。そう言う度に、言う暇があれば、

手を動かしなさい!!と反論してきました。

 

そして、本気で生活発表会の曲を練習し始めて3か月、何とか弾けるようになりましたよ。

 

いろいろな園の先生が来てくれています。中には、年中や年長の担任を持っていても、

ピアノを弾かずに一年間終わってしまう先生もいらっしゃるとか!?

 

子ども達は、本当に音楽が好きです。歌うことが好き、体中で音楽を感じ表現します。

音楽に触れられずに大きくなった子どもは、さみしいと思いますよ。大切な役目を幼稚園、保育園

の先生は背負っています。頑張ってくださいね。

 

幼児教育のピアノコースはこちら

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る