幼稚園教諭採用についての変化|2016/01/29

こんにちは。そろそろ大学生は春休みに入りました。4月までの二か月ほどの間、

どのように過ごしますか?

 

今月から、新しい生徒さんがいらっしゃいました。大人の方です。短大を卒業後、

10年間幼稚園で働き、結婚、子育て、育児に今も追われている毎日ですが、職場復帰が

決まったとのことで、もう一度幼児教育のピアノ、リトミックの指導方法を勉強したいという

方で、本当に熱心です。

 

短大で使っていたテキストを、持ってこられました。テキストの角がぼろぼろになっていて、

どれほど練習なさったか、何回ページをめくっただろうということが、見えてくるような

使いこまれたものでした。

 

この生徒さんが、とても素敵なことを話してくださいました。なぜ、まだ自分の子育てにも

手のかかる今、職場に復帰しようと思ったか、一つは、お声がかかったというのが大きな

チャンスだったようですが、まだ小学校にあがっていない子どもさんが3人、いらっしゃる

中で、よく決心なさったなと思います。

 

自分が働いて収入をえたいというより、若い人に、保育の仕事はきついけど、ずっとずっと

好きな仕事として頑張ってほしいから、自分がその為に役に立ちたいと話して下さいました。

ご自身も、結婚して10年以上、家庭にいるけれど、やっぱり保育の仕事が大好き!!いつか

きっと復帰したいと、思い続けてこられたようです。思いは叶うのでしょうね、新卒から

ずっと働き続けていた職場からの、ラブコールだったようです。

 

今、大学生のみなさん、現場では、既卒生の採用に重きを置く園が増えているようです。

もちろん、経験もあるし、ピアノもそこそこできる。10年くらい前までは、幼児教育の

大学入試にはピアノの実技テストは、当たり前でした。ですから、当時は高校生からレッスンに

来ていました。もちろん未経験の高校生でも、3年間でなんとか大学の試験に間に合うように練習し、

入学が決まれば、引き続き大学での授業についていけるように、レッスンに通っていました。

 

そうして育った生徒が、だいたい28歳から上の年齢になっています。園では中堅です。

生活発表会や音楽会の曲を、持ってきます。もちろん自分の練習もですが、子どもたちに

どういう指導をしたらいいか、音楽会での打楽器の振り分けや、どんなリズムをたたいたらいいか、

本当に、いいものを作り上げたいという気持ちから、一生懸命考えてレッスンに持ってきます。

その気持ちが、私に伝わってくるので、私もありったけを提供します。

 

もうすぐ卒園式もありますね。式の日にピアノをまかされた先生が、レッスンに来られます。

必死で練習していますよ。今、大学生のみなさん、何年か先に就職を希望していますね?そのために

努力していますか?一夜漬けができないものは、やはり腹をくくって取り組みましょう。新卒生が、

採用されない時代がそこまできていると、私は実感します。実力を持った新卒生になってほしいです。

 

幼児教育・小学校教諭ピアノのページはこちら

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る