エレクトーングレードを目指す!!|2016/08/21

今日は。お盆が過ぎてもなかなか涼しくなりませんね。

夏のお疲れがでていませんか?お気をつけ下さいね。

 

ブログに、なかなかエレクトーンレッスンのことが書けません。

それは、一回のレッスンをとても集中しているので、写真は写せないですし時間との

戦いの中でのレッスンです。レッスン中、時間を一番を気にするのがエレクトーンです。

 

今、小学生が3人それぞれの到達点に向かって、グレードテストのために頑張っています。

テキストの中から課題曲を演奏する、耳でメロディーや和音を聞き分けるという項目があります。

特に聞き分ける(聴音といいます)試験は、それまでに何でそんなことをするのか?と疑問に

持つほど、繰り返し繰り返しこつこつと積み重ねたことが、生徒にはこういうことのためにやっていたのか!

聞こえる音がわかる、できるできる、弾いてみるね!!という風に変わっています。

 

ヤマハメソードの特徴でしょうが、聴音ができるようになると、違う調性でも演奏するという力がつきます。

例えばメリーさんの羊をミから歌う、最後はドで終わるハ長調です。これをシから歌う、最後はソで終わります。

一度体験すると、生徒はテキストのいろいろな曲をすべて、初めの音を変えて弾いてきています。(移調といいます)宿題に出さなくても、勝手に弾いてきますよ。どの子も、おもしろいなあという顔をしてます。

 

そしてエレクトーンはいろいろな音色を選ぶことができます。たくさんあるボタンを押しては、

こんな音、おもしろいなあ!そう言っては一曲を、いろいろな音色に変えて演奏しています。

 

もう一つはリズムです。ジャズスタイルも早くからテキストに入っています。そして、テンポを

変えることで(速くしたりゆっくりしたり)曲の感じが変わる、とにかくどんどん早く弾きたいと

いう子もいます。ニコニコして、テンポを速くしています。できるかできないかエレクトーンと

競争しているようです!!

 

音楽の楽しみ方が、ここにあると思うのです。楽譜を見て演奏するだけでなく、いろいろなことができるし

やってみたらいいということを私は伝えたい、そう思っています。リトミックのレッスンにも、私は

エレクトーンで演奏します。海の中、夜空の星、子守歌・・・それぞれに合うと私が思う音色を選んで、

演奏します。子ども達の心に、どんなイメージが膨らんでいるか・・・見えないですがきっと素敵な

イメージが膨らんでいると信じています。

 

エレクトーン個人のページはこちら

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

メールでのお問い合わせ

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

TOPへ戻る