ひとりでできたよー3|2017/07/09

今日は。うっとしいお天気ですね。神戸は雨が少ないですが、九州地方の豪雨被害には

恐怖を覚えます。自分たちにも、いつ災害が起こるかわかりません。気持ちを引き締めて

生活をしないといけませんね。九州で被害に遭われた皆さんに、心からお見舞い申し上げます。

 

リトミックステップ4、年中さんの男の子です。リトミック+知育コースを選んでいただいて

います。この日のレッスンでは、数詞、数字、数字と物の数の一致ということを取り入れました。

ニンジンの図案10本分の色塗りを、前の週に宿題として出していました。そのニンジンを

自分でハサミで切り抜き、数詞「いっぽん、にほん、さんぼん」という言い方を、覚えるまで

何回か一緒に言いながら、ニンジンを指さししたり、左手にニンジンを持って、一枚ずつ

机の上に右手で出して並べる、そんなことを繰り返します。

 

写真は、ニンジンに穴あけ、モンテッソーリ法の中の一つです。黙って正座して取り組むことが

出来ています。

 

彼は、「いっぽん、にぽん、さんぽん」、そんなふうに数えていました。正しい言葉を

大人が教えてあげないと、知らないまま大きくなってしまいますね。知らないからダメ

なのではなく、教わらなければ身に付かないです。細かいことなのですが日本語の難しさですね。

次は、数字と物の数との一致です。ニンジンが三本、数字の3をなぞっています。

鉛筆をしっかりと持てるか、握りしめてカチカチに力が入る子、逆にフニャフニャで

力の入らない子があります。それらを見極めながら、鉛筆を持ってしっかりと書けるまでを

レッスンの中でやっていきます。

彼は、鉛筆フニャフニャさんです。ですからすぐに鉛筆で書かずに、なぞり書きをしている

ところです。

 

お習字の先生によると、小さいうちは硬筆ですね。昔に比べると今の子ども達は、びっくりする

くらい鉛筆で書く力がなくて、7Bの鉛筆を使ったりするそうです。そういえば、新学期に文具の

売り場に並んでいる鉛筆がHBやBではなくて、2Bが多く並んでいますね。学校教育のなかで、

推奨されているのかと思っていましたが、書く力がないので、濃い鉛筆を使わざるを得ないと

いうことのようです。

 

それは、リトミックやピアノ、エレクトーンのレッスンをしていても感じます。骨が細く筋肉の

ないきゃしゃな指では、なかなか鍵盤を演奏できる柔軟な指の動きができません。手をよく

使っている子どもと、ゲームばかりしているなと感じる子と、はっきりとわかります。

そしてその手つき、指先の使い方が、学習能力と結びついていることが、だんだんと見えてきています。

 

モンテッソーリ教育は、英才教育ではありません。家庭の中で手を使いましょう、という内容が

本当に多いです。たくさんあるモンテッソーリ教育法の中から、教室でもできて、お家でそのまま

真似していただける事柄を、レッスンに取り入れています。それが、リトミック+知育コースです。

 

子ども達にはみな、教育をしっかりと受けられ、学習が本当に身に付く、そのための生活態度、

生活習慣、お行儀などを口うるさいくらい言っています。すぐにプリント学習などは致しませんが、

自分から学習することが楽しいと思う心を育てたいと、思っています。

 

リトミックのコースはこちら

 

 

お問い合わせはこちら|東灘区はな音楽教室

はな音楽教室

兵庫県神戸市東灘区本山中町2-6-10

アクセスはこちら

0784537522

メールでのお問い合わせ

TOPへ戻る